町中、田舎道、そして山の中などガイドと一緒に楽しく歩けるモデルコースです。

ロープウェイで登る御在所岳と、恋結びの街 湯の山温泉

御在所岳は花崗岩質が多く、太古の時代に花崗岩が侵食により山肌に現れ、いろいろな形の巨岩・奇岩が見られるのが特徴である。御在所岳へは麓の湯の山温泉などから複数の登山道がある。体力がある人なら、名古屋から日帰りで登山することも可能。一般の人なら、御在所岳山頂までは、ロープウェイでの移動が便利。

千代保稲荷と養老の滝

日本の滝百選、名水百選に選ばれている養老の滝。高さ約30m、巾約4mあり、岩を打ち流れ落ちる水に癒される。季節ごとに美しく変わるその景色に魅了され、多くの人が訪れる。

妻籠宿から馬籠宿まで、中山道ハイキング

妻籠宿から馬籠宿まで、ハイキングがおすすめ。一部、当時の街道がそのまま残っており、江戸時代にタイムスリップしたようだ。

途中には、江戸時代末期の建物が残る集落、滝、風情のある休憩所など、見所もたくさんある。川のせせらぎを聞きながら、林の道を歩いてみては。

岐阜城

岐阜城は当初、稲葉山城と呼ばれており斎藤道三の居城であったが、後に織田信長がこの地域を岐阜と命名し、城も岐阜城と呼ばれるようになった。岐阜城のある金華山には複数の登山ルートがある。

ローカル線で訪ねる岩村城跡と岩村の城下町

JR恵那駅からローカル鉄道の明地線に乗り換え、岩村城跡と、城下町の岩村町を訪ねます。単線の明地鉄道は、鉄道ファンが数多く撮影に来る人気の鉄道です。

岩村城は全国三大山城の一つに数えられ、美しい石畳や石垣が残っています。岩村城跡の頂上へは軽い登山になります。残念ながら建物は1890年代に取り壊され、まったく残っていません。城下町の岩村町は古い町並みが維持されています。岩村町では古くからのお菓子屋さんや、酒造を訪ねます。

ホーム お問合せ メニュー